ブログ

2022/01/11

(注)このコラムは魅力的で伝統工芸品でありながら、現在の身近な暮らしに溶け込んだ「京からかみ(唐紙)」についての連載記事の第3編目となります。

株式会社丸二、からかみ専属職人 工藤祐史さんをお訪ねしました。前1編 2編のコラムは以下をご参照下さい。

シリーズ工房訪問 株式会社丸二 京からかみ製造工房

シリーズ工房訪問 「京からかみ」のあゆみ

これまでの職歴を少し教えてください。人生ではどのようなことに影響されて今の職業を選択されたのでしょうか?

職歴としては ・印刷業(DTPプランナー、DTPデザイナー)

→広告代理店(雑誌広告編集)→職業訓練(WEB製作)の途中でハローワークからお声をかけていただく。

→面接を受け職人に

たまたま全て「紙」に関係する仕事で、それは面白いと思っています。なぜこの職業かといえば、紹介されて面接で合格をもらったのも「紙」だから。めぐりあわせのような気がします。

職業活動で一番苦労したことは何ですか?

 職人になるにあたり苦労した点としては「感覚」をつかむことだったと思います。日によって、湿度や気温の違いで仕上がりに善し悪しが出ます。納期によっては悪い仕上がりでも出荷しなくてはならず、その日でき得る限りの良いものを提供したいので、良い出来だった感覚と悪い出来だった感覚を記憶し、作業に反映させることが必要です。

ご自分の仕事のどんなところが好きですか?

とても歴史のあるアナログな制作方法だというところと、襖紙という部屋において脇役であろうものを作っているというのは気に入っています。

創作活動のインスピレーションの源は何ですか?

職人として依頼品を作るということがメインであまり創作という感じではないですが、何かを創作する際は、自分が楽しむことが源になっています。まずは自分が楽しまないと、人を楽しませることはできないと考えています。

ここ数年の出来事は、お仕事や業界にどのような影響をしましたか?

建築の内装材として使用されることが多いため大きな現場が延期になったり、盆や正月に家族が集まることが無くなり、襖の張り替えが不要不急になってしまったりしますが、さほど大きな影響はありませんでした。

2022年に向けて、当ブログの読者にどんな願いや励ましの言葉をかけますか?

世界的には今まだ耐える時期が続いていると思います。このブログのように情報を発信してくれる人々が、平常に戻った時への楽しみをくれます。そして、外に出ると感染の恐れが…という皆様が、せっかくなので内装に興味をもってくれると幸いです。

工芸品やデザインを愛する方に、自分の作品や製品をお勧めする理由をお聞かせください。人の生活にどのような好影響を与えることができるのでしょうか?

私個人としては「からかみ」は扱いにくい商品だと思っています。水性の顔料で絵付けをしているので濡れた手で触ることができないし、手作りなのでどうしてもハイコストになってしまう。しかし、物を大切にすることで長持ちさせるということを思い出させてくれる商品です。

弊社は襖紙を扱う会社で、「襖」はSDGsの流れ的にとてもマッチするジャパニーズドアであるということを伝えたい。簡易なものも普及していますが、ちゃんとした襖は紙の張り替えもでき縁も引手も打ち直しや交換ができます。古い寺院などの襖は貼替が基本で、大切に使用していれば何百年と使用し続けることができます。自分のおばあちゃんと孫が、さらに昔の先祖と同じ襖を開け閉めするなんてロマンがありませんか?

丸二さんで “からかみ” の手摺り体験のご予約をご希望される際には以下をご参照ください。

京からかみ 丸二 

インタビューと写真:Anastasiya Bulkavets (ArigatoCreative.co)

2022/01/04

新年おめでとうございます。

読者の皆様、そして京都観光を予定されている方々へ。

いよいよ新しい年になりました。あなたの国ではどんなお正月をお迎えになられているでしょうか?

日本では三箇日に多くの人は、神社や寺院に新年の健康と幸福を願って、初詣にお参りに行くことになっています。一年でもこの時期には、特に多くの晴れ着姿を見る事が出来ます。そして縁起の良いお正月飾り、福を呼ぶおせち料理を食べ、伝統的な遊びである「百人一首」「かるた」「独楽回し」など家族揃ってお正月を迎えられることに感謝をします。

 さて、このようにお正月で使われる品々にも京都伝統工芸品の技術が使われていることを皆さんはご存じでしょうか?
 「晴れ着(京友禅・西陣織)」 「かがみ餅(北山杉)」 「正月飾り水引(水引工芸)」
 「正月飾り真田紐(真田紐)」 「干支の寅人形(京陶人形)」 「こま(京こま)」
 「おせち料理(京料理)」「お神酒(京銘酒)」「百人一首(かるた)」「貝合わせ(かるた)」
・・・など

お正月は誰でも特別な気持ちなれる日です。新しい年も京都工房コンシェルジュでは74品目の京都伝統産業品が展示される「京都伝統産業ミュージアム」を起点に、多くの皆様と伝統工芸の職人さんたちとをつなぐ架け橋としてその役割を果たしたいと強く思っています。

そして、今年こそ自由に「人と人の交流」ができる一年になりますように!

文:京都工房コンシェルジュ 佐藤裕

データクレジット:京都工房コンシェルジュ

2021/12/28

注)魅力的な伝統的工芸品「京からかみ」をご紹介する記事の第2編です。第1編については前編をご参照下さい。

第1編はこちらから シリーズ工房訪問 株式会社丸二 京からかみ製造工房

前回投稿でご紹介した「丸二」さんへの訪問記事を読まれて、読者の皆さんは「京からかみ」の歴史が日本でどのように刻まれてきたのかお知りになりたいのではないかと思います。

からかみは文字通り「中国・唐の紙」ということになり、このような紙への装飾技術は奈良時代(8世紀)に中国「唐」から日本に(遣唐使によって)伝えられたとされる史実で裏付けされています。唐紙は平安京(現京都)の朝廷貴族の人たちの間ですぐに広まることになりました。唐紙は当初、和歌などを詠う時に使われましたがその後、襖や障子の装飾用の紙としても使われるようになりました。

唐紙の最も古い文様は、当時の貴族文化の「美学・美意識」が反映されたもので、その中には唐草模様、植物や花の柄、波や雲もまた、同様にモチーフとされました。戦国時代に人気のあったものは、侍社会・侍文化を象徴とする「権威や厳格さ」をかたちどる幾何学的な文様や松が使われるものもありました。

「京からかみ」は江戸時代(1603-1868)になるとより一般大衆に広まることになります。江戸(現東京)の商人や庶民の好みに応えるように、江戸でも作られるようになりました。このような「からかみ」は「江戸唐紙」と呼ばれ「京からかみ」とは区別され「江戸唐紙」では「木版摺り」だけではなく「型紙 刷り込み様式摺り」や「金や銀」をちりばめるという新しい技法も付け加えられることになりました。

 現在の仕様では「京からかみ」の多くは住宅、茶室、お堂、神社仏閣などの日本的で伝統的な内装用品素材として使用されていますが、洋風の壁紙内装建材、文房具用品、さらには装飾を目的としたアート作品の材料としても活用されています。全ての「京からかみ」は一枚一枚手摺りで創作されており、それそれが個性的で、しかも人のぬくもりを感じさせてくれます。

 京都へお越しになると、ご自身でもご自宅の壁の装飾に使うことができる「京からかみ」の手摺り体験の機会に出会えます。さらにそれらの京都の古い伝統的工芸品との出会いは、忘れることの出来ない思い出になることでしょう。

予約についてのご相談はこちらから 京からかみ 丸二 

文・写真撮影 : Anastasiya Bulkavets (ArigatoCreative.co)

日本語翻訳 京都伝統産業ミュージアム 佐藤裕 

2021/12/22

(注)このコラムは魅力的で伝統工芸品でありながら、現在の身近な暮らしに溶け込んだ「京からかみ(唐紙)」についての連載記事の第1編目となります。

 読者の皆様が京都の伝統的で古風な民家や仏教寺院をお訪ねになられたことがあれば、おそらくその繊細な・細かい模様の「襖(ふすま)」に目を奪われた経験をお持ちでしょう。

 “からかみ” は伝統的に木彫り装飾された版木で手摺りされた和紙のことで、襖(ふすま)紙や障子紙に使われています。株式会社丸二は“京からかみ”を製造する市内でも数少ない会社の一つです。私たちはありがたいことに、これから皆様にお伝えしようとする京都の伝統工芸 “からかみ” が作られている実際の現場を訪ねる機会にめぐまれました。しかもこの工房では読者の皆様も実際に手摺り体験がすることができます。

 そこでご自身ではまだ工房訪問をためらっておられる中で、皆様が訪問された際の実際の工房訪問体験がどのようなものなのか、少し覗いていただくことにしましょう。

 最初に日本でどのように “からかみ” の伝統が受け継いでこられたのか簡単な説明を伺った後に(詳しい内容は次回の投稿までしばらくお待ちください。)まずは私たちは丸二さんの工房で伝統的ふすま紙の製法に使われているその七つ道具に目を奪われることになりました。

  どうやら木彫り装飾の版木は通常は朴(ほう)の木から出来ているようです。と言うのも、朴の木は柔らかく彫りやすい反面、長期間使われても磨り減りにくい材質だからです。—実際のところ丸二さんの職人さんは100年以上前からの300枚ほどの版木を未だに大切に使われていました。しかし残念なことに今では新しい版木を手彫りできる職人さんを訪ねることは難しいようで、(新しいデザインの依頼のある時は)主にレーザーマシンで彫られているようです。

 また手摺り和紙について、丸二さんでは福井県で製造されている“越前鳥の子紙”を使用されており強くて光沢があり、しかも防虫効果もあり優れた材質であることでも知られています。 

 私たちが高く評価をしているように“和紙”についての良さをご存じの方々なら、何故私たちが工房を訪ねて、たくさんの質問を職人さんにし、自分たちのオリジナルの “からかみ” 制作体験を楽しんだかをご理解いただけるのでないかと思います。(これは改めての機会にご紹介します。)

 さて、次回の投稿では “からかみ(唐紙)”の歴史と、何故日本で古くから内装部材として重宝されてきたかのか、より掘り下げてご紹介したいと思います。

丸二さんで “からかみ” の手摺り体験のご予約をご希望される際にはこちらをご参照ください。https://www.kyotoartisans.jp/exp_menu/041-01

https://www.kyotoartisans.jp/exp_menu/041-02

写真と本文:Anastasiya Bulkavets (ArigatoCreative.co)

日本語翻訳 : 京都伝統産業ミュージアム 佐藤裕

2021/12/14

京都からのご挨拶。  ようこそ私たちのブログへ!

 京都伝統産業ミュージアムが企画する「京都工房コンシェルジュ(Kyoto Artisans Concierge)」では、地元のクリエイティブな工房スタジオを訪問し、熟練した職人さんと出会い、さらにはクラフトワークショップを体験することで、職人さんへ弟子入りする事ができる素晴らしい時間をご提供しています。

 この度の思いがけない長い停滞の期間に、私たちは職人さんと連絡を取り合い、その足跡・苦労話に耳を傾け、工房での体験をより良いものにするための新しい方法を模索してきました。また渡航・旅行制限の中で京都に来ることができず、地元の職人さんと直接会うことができない伝統工芸品(クラフト)やデザインアートを愛する皆さんにも私たちは是非お会いしたいと思っていました。

 そこで、このブログを通じて京都とそして京都の素晴らしい職人技についての「物語」をバーチャルにお届けすることにしました。さて、どんな内容をご期待されるでしょうか?

 このブログでは京都の魅力的な伝統工芸の世界をご紹介するとともに、筆者がおすすめの工房を訪ねた体験記や、私たちが尊敬する才能豊かな職人さんへのインタビューをお届けしたいと考えています。    

 私たちが楽しんで作りあげるように、皆様にも新しい発見や学びがあり、私たちと職人さん達が作る「物語」を楽しんでいただければ幸いです。

写真と本文:Anastasiya Bulkavets (ArigatoCreative.co)

日本語翻訳 : 京都伝統産業ミュージアム 佐藤裕