条件を指定して検索

条件を指定して探す

検索中
工房:5
体験:8
が見つかりました。
休業日 日曜日、祝日(要相談)
営業時間 10:00~17:00
工房情報

●現代に息づく、民藝の陶芸
民藝運動を牽引した陶芸家、河井寛次郎の甥、河井武一を初代とする南丹窯は、民藝が持つぬくもりと実用性を両立した独自の[京焼民窯]を作風としている。河井家が育み、高めてきた技法の数々は、三代目となる河井亮輝の作陶に受け継がれている。京都の陶磁器は細分化された分業制が一般的だが、南丹窯ではひとりですべての作業を手がけるため、その作風が際立つ。茶陶から食器、花器までを幅広く手がけ、現代の民藝作家として精力的に作陶を続けている。

[040-02]見学+ろくろ体験+民芸品に囲まれて抹茶を一服(お土産付き) 詳細表示

制作体験買い物

京焼民芸を特徴にもつ若き陶芸家の魂に心揺さぶられることでしょう。

詳細表示
予約の期限: 2日前まで
体験可能人数: 1~6人
・3名様以上の場合、少し所要時間が長くなります。
料金:
8,640
所要時間:
1.5 時間

[040-01]見学+民芸品に囲まれて抹茶を一服 詳細表示

見学買い物

京焼民芸を特徴にもつ若き陶芸家の魂に心揺さぶられることでしょう。

詳細表示
予約の期限: 2日前まで
体験可能人数: 1~6人
料金:
4,320
所要時間:
0.75 時間
休業日 無休
営業時間 9:00~17:00
工房情報

●楽焼のあたたかみを生む、手づくねの技
茶の湯の世界で珍重されてきた[楽焼]を手掛ける楽入窯は、その伝統技法を発展させ、抹茶碗を中心に花入や香合、皿など多彩な作陶をおこなっている。ろくろを使わずに手づくねでつくる楽焼は、土の素朴さを感じさせるあたたかみが魅力。京文化に育まれて発達した陶芸でありながら、一般的な京焼とは技法や風合いにおいて一線を画す。楽入窯では、低火度で焼成する楽焼の特徴を活かし、淡い色彩を表現した陶器の製作にも意欲的に取り組んでいる。

[015-02]見学・楽焼(茶碗)制作体験(茶道体験付き) 詳細表示

制作体験買い物

楽焼の特徴である「ひねり技法」を用いて、世界に一つだけの楽焼の茶碗が作れます。もれなく、茶道体験も味わっていただけます。

詳細表示
予約の期限: 3日前まで
体験可能人数: 2~8人
英語対応
料金:
10,800
所要時間:
2 時間

[015-01]見学・盃制作体験(茶道体験付き) 詳細表示

制作体験買い物

楽焼の特徴である「ひねり技法」を用いて、世界に一つだけの盃が作れます。もれなく、茶道体験も味わっていただけます。

詳細表示
予約の期限: 2日前まで
体験可能人数: 2~8人
英語対応
料金:
4,320
所要時間:
1 時間
休業日 日・祝日(事前連絡にて応相談)
営業時間 9:00~17:00
工房情報

●色鮮やかさが魅力の交趾技法
京都有数の陶磁器産地として名高い日吉地域で三代続く洸春窯は、鮮やかな発色が印象的な[交趾]技法を使い、茶道具から日常食器まで幅広く製作している。交趾の特徴である細やかな文様表現は、筒で粘土を絞り出して線を盛り上げて描く「いっちん」技法によるもの。線に沿って色釉を挿し、低温で焼成することによって交趾独特の色彩が生まれる。すべての工程を一貫して手掛けており、誂え品にも柔軟に対応する。

[014-01]見学・交趾絵付体験 詳細表示

制作体験買い物

交趾の絵付けが体験できるのは、日本でここだけ!(当財団調べ)

詳細表示
予約の期限: 2日前まで
体験可能人数: 2~10人
英語対応クレジット対応
料金:
5,400
所要時間:
2 時間
休業日 土・日曜日、祝日
営業時間 9:00~18:00
工房情報

●京焼の伝統を受け継ぐ技法の数々
多くの窯元が軒を連ねる泉涌寺地域で三代続く俊山窯は、江戸時代中期の陶工、尾形乾山(1663~1743)の作風を受け継いだ器が特徴。土のやさしさを残す陶肌を埋め尽くすように描かれた四季の花々は俊山窯の真骨頂。色鮮やかな意匠を生む絵付や、器面をくりぬく透かし彫りなどの技法の数々は、100年超える歴史のなかで培われたものだ。[京焼]の伝統技法を駆使して、現代の生活様式に合わせた器を製作している。

[016-02]見学・手捻り体験 詳細表示

制作体験買い物

粘土遊び感覚で、旅の思い出を形にしませんか。

詳細表示
予約の期限: 2日前まで
体験可能人数: 2~6人
英語対応クレジット対応
料金:
5,076
所要時間:
2.5 時間

[016-01]見学・絵付体験 詳細表示

制作体験買い物

自由なデザインで、世界で一つのオリジナルの器を。

詳細表示
予約の期限: 2日前まで
体験可能人数: 2~6人
英語対応クレジット対応
料金:
2,160
所要時間:
1.5 時間
休業日 日曜日
営業時間 9:00~17:00
工房情報

●独特の青みを生む「青抹陶」
多くの伝統技法を有する京焼・清水焼にあって、独創的な表現を生み出してきた雲楽窯は、やわらかな陶肌に花鳥風月を映した細緻な絵柄が特徴。なかでも、わずかに青みがかった地色となる独自の釉薬[青抹陶]は雲楽窯の代名詞。窯変はときに白みや結晶を生み、陶工は焼成時の条件を見極めながら製作をおこなう。国内の陶磁器製造業ではじめて電気窯を導入するなど、伝統の世界にあって進取の気風に富んだ窯元でもある。

[003-01]見学+お土産付き 詳細表示

見学買い物

熟練職人が瞬く間に急須を作り上げていく様子は必見です。

詳細表示
予約の期限: 2日前まで
体験可能人数: 1~35人
英語対応クレジット対応
料金:
2,160
所要時間:
1 時間

Great service and very interesting workshop 翻訳する

2017/03/14

It is the second time I was visiting Kyoto and the participation in the atelier organised by Kyoto Artisans Co...

体験談をもっと見る