地図から探す


検索したいエリアをタップしてください。

検索中

32 件のページが見つかりました。

嵯峨螺鈿・野村 -京漆器-
制作体験買い物

休業日 不定休
営業時間 9:00~18:00 ※体験開始時間は ①10:00〜、②13:00〜、③15:00~ からお選びください。
工房情報

●多彩な表情が魅力の螺鈿細工
明治末期に創業した嵯峨螺鈿野村は京都で唯一[螺鈿]製品の製造・販売をおこなう工房。数ある漆芸加飾技法のなかでも屈指の華やかさをもつ螺鈿は、漆黒の塗面に夜光貝や鮑など青貝の輝きを加えて彩るもの。その装飾性の高さから茶道具や装身具など幅広い漆器に用いられている。貝片は薄いもので約0.3ミリ。嵯峨螺鈿野村では、光の加減で様々な色彩をみせる青貝の輝きを最大限に活かすため、漆塗りから螺鈿細工、蒔絵装飾にいたるまでの工程を工房内で手がけている。

真田紐師 江南 -その他-
制作体験買い物

休業日
営業時間 10:00~17:00
工房情報

●武士が愛用した、世界最小幅の織物
伸びにくく丈夫な[真田紐]は戦国時代以降、刀の下げ緒や甲冑の紐として用いられた。織機で縦糸と横糸を織りなすことから「世界最小幅の織物」ともいわれ、その意匠性の高さから茶道が隆盛すると茶道具を収める箱の結び紐としても使われるようになった。15代にわたって真田紐の技術を伝える江南は、茶道各流儀の約束紐などを手掛け、糸染めから製織にいたるまで全ての工程を伝統的な手仕事でおこなっている。

塩見団扇 -京うちわ-
制作体験買い物

休業日 日曜日・祝日 土曜不定休
営業時間 10:00~18:00
工房情報

●その優美さが涼を招く、京うちわ
[京うちわ]は、「都うちわ」とも呼ばれ、その優美さから鑑賞用としても人気が高い。透かし細工や木版画などさまざまな工芸技法を取り入れて装飾性を高めた京うちわは、室内空間を視覚的に彩り、涼を招く品として愛されてきた。京うちわの特長は、団扇面と柄を別につくる「挿し柄」構造。放射状に並べた100本近くの竹骨を手仕事で整え、仕上げ時に柄を付ける。塩見団扇では、伝統的な意匠から新作柄まで毎年200種を超えるうちわの製作をおこなっている。

雀休 -その他-
制作体験買い物

休業日 月・火曜日
営業時間 11:30~18:00
工房情報

●伝統製法を今に伝える、ただ1軒の工房
桃山時代(1568-1598)、宮廷の女性たちが色鮮やかな着物布を竹芯に巻いてこま遊びをした「お座敷独楽」が[京こま]の起源といわれる。かつてはいくつもの工房がその技術を競っていたが、現在は雀休ただ1軒だけが京こまの製造をおこなっている。成型には刃物類を使わず、色とりどりに染めた木綿の平紐を指先の感覚を頼りに竹芯に巻き重ねていく。端正に仕上がった京こまは、美しい回転を生み、鑑賞用としても人気が高い。

俊山窯 -京焼・清水焼-
制作体験買い物

休業日 土・日曜日、祝日
営業時間 9:00~18:00
工房情報

●京焼の伝統を受け継ぐ技法の数々
多くの窯元が軒を連ねる泉涌寺地域で三代続く俊山窯は、江戸時代中期の陶工、尾形乾山(1663~1743)の作風を受け継いだ器が特徴。土のやさしさを残す陶肌を埋め尽くすように描かれた四季の花々は俊山窯の真骨頂。色鮮やかな意匠を生む絵付や、器面をくりぬく透かし彫りなどの技法の数々は、100年超える歴史のなかで培われたものだ。[京焼]の伝統技法を駆使して、現代の生活様式に合わせた器を製作している。

昇苑くみひも -その他-
制作体験買い物

休業日 お盆、年末年始
営業時間 10:00~17:00
工房情報

●日本文化の名脇役、京くみひも
和装や茶道具、仏具などさまざまな日本文化を彩ってきた[京くみひも]は、装飾性と実用性を兼ね備えた手仕事だ。長い歴史のなかで用途に応じた組み方が多く考案され、その数は3,500種にものぼる。昇苑くみひもは、糸染め、組み、結び、仕上げ加工など通常は分業でおこなわれるくみひも製作の全工程を一貫しておこなう国内唯一の工房。伝統的な手組技法に加え、量産が可能な製紐機での生産体制もあり、ファッションやインテリア業界などからの幅広い需要にも応じている。

染匠市川 -京染・京友禅-
見学

休業日 第2・3土曜、日曜、祝日
営業時間 10:00~17:00
工房情報

●精緻に描く、手描友禅
京友禅の数ある技法のなかでも、白生地に筆で色を挿し意匠を描き上げる[手描友禅]は、その芸術性の高さから「纏う絵画」とも称される。製作は分業でおこなわれ、20工程もの作業でそれぞれの職人が腕を競い合う。染匠市川は、着物の意匠や色彩などのデザインを考案するとともに、各工程においておこなわれる精緻な手仕事を統括するプロデューサー的役割を果たす。自社工房においても一部製作をおこなうなど、手仕事の継承にも注力している。

奏絲綴苑 -西陣織-
見学制作体験買い物

休業日 不定休
営業時間 10:00~17:00
工房情報

●爪先で織りなす絵画表現
その繊細な色彩が絵画にもたとえられる[西陣爪掻本綴織]は、その名のとおり爪先で絹糸を1本ずつ掻き寄せて織り込む技法。ノコギリ状に研いだ爪を道具に、緯糸で文様を描くようにして織り上げていく。あまりに精緻な手仕事のため、熟練の職人でも一日に織ることができるのはわずか数センチほど。工房を主宰する平野喜久夫は綴織職人として60年を超える経験を活かし、多彩な色糸を駆使して陰影や濃淡などの豊かな色調表現を織り上げる。

竹工房 喜節 -京竹工芸品-
見学

休業日 不定休
営業時間 9:00~17:00
工房情報

●日本の生活文化に根ざした竹工芸
細く割った竹を編み上げて籠などをつくる[編組工芸]は、しなやかで丈夫な竹の特性を最大限に活かした伝統技法だ。竹工房 喜節では竹籠をもとにしたバッグを製作。竹割りから編み、漆塗、縫製などすべての工程を一貫して手掛け、細部にまで行き届いたものづくりをおこなっている。「竹割り3年」といわれるほど長い修行期間を要し、多くの技法を有する編組工芸。基本的な編み方は8種類ほどだが、その変形や組み合わせで形状や編み模様に無限のバリエーションがある。

辻が花染め工房絵絞庵 -京鹿の子絞-
見学制作体験買い物

休業日 日曜
営業時間 10:00~18:00
工房情報

●「幻の染め」を今に伝える
安土桃山時代に隆盛し、絢爛豪華な着物の代名詞となった[辻が花]は、現存資料が少なく「幻の染め」とも呼ばれている。絵絞庵は、辻が花を現代に甦らせた福村廣利とその息子、健が制作をおこなう染工房。生地を縫い、括り、絞って絵模様などを染め分ける[絞り染め]を基調に、描き絵などを施すことで鮮やかな色彩と絵画的な模様を表現していく。美しい水に恵まれた洛北の地で、伝統の手仕事を守り続けている。