地図から探す


検索したいエリアをタップしてください。

検索中

32 件のページが見つかりました。

雲楽窯 -京焼・清水焼-
見学買い物

休業日 日曜日
営業時間 9:00~17:00
工房情報

●独特の青みを生む「青抹陶」
多くの伝統技法を有する京焼・清水焼にあって、独創的な表現を生み出してきた雲楽窯は、やわらかな陶肌に花鳥風月を映した細緻な絵柄が特徴。なかでも、わずかに青みがかった地色となる独自の釉薬[青抹陶]は雲楽窯の代名詞。窯変はときに白みや結晶を生み、陶工は焼成時の条件を見極めながら製作をおこなう。国内の陶磁器製造業ではじめて電気窯を導入するなど、伝統の世界にあって進取の気風に富んだ窯元でもある。

織匠平居 -西陣織-
見学

休業日 第2土曜、日曜、祝日
営業時間 9:00~18:00
工房情報

●金箔が生む重厚な輝き

緯糸に金糸を織り込んで文様を表現する伝統織物「金襴」を手掛ける織匠平居では、僧侶が纏う袈裟などの法衣金襴を中心に製作をおこなっている。工房の床を掘り下げて地中に織機を設置した「埋め機」は、絹糸に程良い湿気を与え、織り上がりの風合いを高める効果を持つ西陣の伝統的な製織技法。約0.3mmに裁断した金箔糸を竹篦を使って1本ずつ織り込む技法「引箔」が金襴にさらなる立体感と重厚な輝きをもたらす。

家紋の古我 -京染・京友禅-
制作体験

休業日 日曜・祝日
営業時間 9:00~17:00
工房情報

●極細の線で描き上げる、家紋の美

「京黒紋付染」をはじめとする和装式服に欠かすことができない家紋を手仕事で描く紋章上絵師。約4000種の組み合わせで作られ、計算上は1億を超えるといわれる家紋を正確に描き分ける伝統技術は高度な分業制を持つ京都の染色業界ならでは。家紋の古我では紋章筆、墨、分廻し(竹製コンパス)等、従来の道具を使用し、技術を継承している。約3cmの家紋の中に極細な線で意匠を描き込む技術は手仕事の極みといえる。

河井工房 -京焼・清水焼-
見学制作体験買い物

休業日 日曜日、祝日(要相談)
営業時間 10:00~17:00
工房情報

●現代に息づく、民藝の陶芸
民藝運動を牽引した陶芸家、河井寛次郎の甥、河井武一を初代とする南丹窯は、民藝が持つぬくもりと実用性を両立した独自の「京焼民窯」を作風としている。河井家が育み、高めてきた技法の数々は、三代目となる河井亮輝の作陶に受け継がれている。京都の陶磁器は細分化された分業制が一般的だが、南丹窯ではひとりですべての作業を手がけるため、その作風が際立つ。茶陶から食器、花器までを幅広く手がけ、現代の民藝作家として精力的に作陶を続けている。

京金箔押 常若 -その他-
制作体験

休業日 土・日曜日
営業時間 9:00~17:00
工房情報

●荘厳仏具を彩る、金の輝き

寺院の荘厳さを彩る伝統技術「京仏具」。その中の1工程である「金箔押」は、漆を接着剤として対象物に金箔を施す技術。平面・立体を問わず自在に金箔を押すその技は建築や仏像など幅広く用いられてきた。京都の金箔押の特色は、金の艶を抑えた重厚感のある「重押し」。箔押師の細緻な手仕事は、たとえ同じ純度の金箔であってもさまざまな輝きを生む。京金箔押 常若を主宰する藤澤典史は、仏具だけではなくファッションやインテリアなど多分野の金箔押も多く手掛け、その技術の研鑽につとめている。

洸春窯 -京焼・清水焼-
制作体験買い物

休業日 日・祝日(事前連絡にて応相談)
営業時間 9:00~17:00
工房情報

●色鮮やかさが魅力の交趾技法

京都有数の陶磁器産地として名高い日吉地域で三代続く洸春窯は、鮮やかな発色が印象的な「交趾」技法を使い、茶道具から日常食器まで幅広く製作している。交趾の特徴である細やかな文様表現は、筒で粘土を絞り出して線を盛り上げて描く「いっちん」技法によるもの。線に沿って色釉を挿し、低温で焼成することによって交趾独特の色彩が生まれる。すべての工程を一貫して手掛けており、誂え品にも柔軟に対応する。

休業日 土・日・祝日(事前連絡にて応相談)
営業時間 9:00~17:00
工房情報

●分業に支えられた、錦織の美
金銀糸や多彩な色糸を駆使した絢爛豪華な紋織物の総称として古代から尊ばれてきた「錦織」。これまでに正倉院裂をはじめとする数多くの伝統織物の復原をおこなってきた光峯錦織工房では、古代の製織技法を研究し、繭の引き方から道具類、古代織機にいたるまでを復原している。70工程を超える錦織の制作に携わる熟練の職人集団をまとめる役割を果たしている。織物美術家、龍村光峯が手掛ける錦織は、光源によってさまざまな表情をみせることから海外では「光の織物」と称されている。

小嶋商店 -その他-
見学制作体験買い物

休業日 日曜日
営業時間 9:00~18:00
工房情報

●京の街を灯す、地張り式提灯
創業寛政年間(1789~1801)に創業。寺社の献灯用をはじめ、店舗看板用などの提灯を幅広く手掛けている。10代目の小嶋俊・諒兄弟が受け継ぐ「地張り式」は京提灯の伝統製法。いくつもの竹骨を輪状にして麻糸で結び骨格をつくるため、丈夫で修理も容易な提灯が出来上がる。1本の竹骨を螺旋状に巻く一般的な製法よりも手間が多いため、現在ではほとんど見られなくなった製法だ。歴史ある寺社や老舗からの誂え品に応じ続けてきた小嶋商店だからこそ継承されてきた手仕事といえる。

嵯峩螺鈿・野村 -京漆器-
制作体験買い物

休業日 不定休
営業時間 9:00~18:00 ※体験開始時間は ①10:00〜、②13:00〜、③15:00~ からお選びください。
工房情報

●多彩な表情が魅力の螺鈿細工

明治末期に創業し京都で唯一「螺鈿」製品の製造・販売をおこなう工房。数ある漆芸加飾技法のなかでも屈指の華やかさをもつ螺鈿は、漆黒の塗面に夜光貝や鮑など青貝の輝きを加えて彩るもの。その装飾性の高さから茶道具や装身具など幅広い漆器に用いられている。貝片は薄いもので約0.3ミリ。嵯峨螺鈿・野村では、光の加減で様々な色彩をみせる青貝の輝きを最大限に活かすため、漆塗りから螺鈿細工、蒔絵装飾にいたるまでの工程を工房内で手がけている。

真田紐師 江南 -その他-
制作体験買い物

休業日 水曜日
営業時間 10:00~17:00
工房情報

●武士が愛用した、世界最小幅の織物

伸びにくく丈夫な「真田紐」は戦国時代以降、刀の下げ緒や甲冑の紐として用いられた。織機で縦糸と横糸を織りなすことから「世界最小幅の織物」ともいわれ、その意匠性の高さから茶道が隆盛すると茶道具を収める箱の結び紐としても使われるようになった。15代にわたって真田紐の技術を伝える江南は、茶道各流儀の約束紐などを手掛け、糸染めから製織にいたるまで全ての工程を伝統的な手仕事でおこなっている。