工房情報

雲楽窯 京焼・清水焼
見学制作体験買い物
詳細表示

workshop_img1workshop_img2workshop_img3workshop_img4
item_img1item_img2item_img3
英語対応クレジット対応
休業日 日曜日
営業時間 9:00~17:00
工房情報

独特の青みを生む「青抹陶」
多くの伝統技法を有する京焼・清水焼にあって、独創的な表現を生み出してきた雲楽窯は、やわらかな陶肌に花鳥風月を映した細緻な絵柄が特徴。なかでも、わずかに青みがかった地色となる独自の釉薬[青抹陶]は雲楽窯の代名詞。窯変はときに白みや結晶を生み、陶工は焼成時の条件を見極めながら製作をおこなう。国内の陶磁器製造業ではじめて電気窯を導入するなど、伝統の世界にあって進取の気風に富んだ窯元でもある。

英語 パンフレット:あり 通訳:不要
その他言語 パンフレット:なし 通訳:要

ショッピング関連

併設店舗 あり
価格帯 ¥1,000~10,000,000
価格例
備考
クレジットカード VISA :○
MASTER:○
AMEX :○
JCB :○
その他:ダイナース
TAX FREE対応 なし

ツアー紹介

[003-01]特典(清水焼プレゼント)工房見学と手ひねり体験(グループ向き) 詳細表示

見学制作体験買い物

京焼・清水焼の機械生産にはない手作りの良さ・温もりを感じていただく事ができる工房を訪ねます。

詳細表示
予約の期限: 3日前まで
体験可能人数: 5~20人
工房見学は15:30までが可能です。
英語対応クレジット対応
料金:
5,000
所要時間:
1 時間

Great service and very interesting workshop 翻訳する

It is the second time I was visiting Kyoto and the participation in the atelier organised by Kyoto Artisans Co...

職人紹介

斎藤 雲楽/Unraku Saito

斎藤 雲楽/Unraku Saito

プロフィール

1928年   五条坂に生まれる
1946年 父、二代目雲楽に師事
1950年 五条坂にて独立、三代目雲楽を襲名
1963年 電気窯での焼成を研究し成功させる
1965年 独創の釉薬、青・赤抹陶釉を開発
1968年 清水焼団地に移転
1977年 伝統工芸士の称号を受ける
1989年  京都市伝統産業技術功労賞を受賞

こちらの工房もいかがですか?(お近くの工房)(1件)